MT4(スマホアプリ版)でpips表示をすることは出来る?

トレードをする中で、pipsがどれだけなのか分からなくなってしまうことってありませんか?

すべてpips表示で見れるといいなぁ、と多くのトレーダーが思っているのではないでしょうか?

今回はpips表示をすることは出来るか?について解説します。

目次

pipsとは?

FXではpipsという単位を使用します。

これは為替レートが動くときの最小単位を意味しています。

ドル円では100.00、99.99、99.98というように0.01ずつ刻み、この刻みが1pipsです。

経済ニュースでは100円50銭というように呼ばれているほうがなじみ深いと思いますが、この50銭が50pipsとなります。

ですが、為替は円だけではなく、ポンドやユーロもありますよね。

通貨によって最小単位当たりの金額の価値が変わるのです。

対円 → 1pips=1銭

対ユーロ → 1pips=0.0001ユーロ

対ポンド → 1pips=0.0001ポンド

そのため、pipsという単位で統一されています。

pips表示について

スマホでのpipsの表示はできません。

パソコンではpips表示できますが、取引のみとなっています。

口座履歴などでは損益は金額でしか表示することはできません。

pipsの計算

スマホでpips表示がされなくても、pipsを計算する方法は簡単です。

対円の場合は1pips=1銭であり、100.01であれば100円1銭。

つまり、画像のように現在の価格103.926から赤い水平ラインの104.000までは8pipsあるということになります。

対ユーロの場合は1pips=0.001ユーロです。

つまり、画像のように現在の価格1.18568から赤い水平ラインの1.18600までは4pipsあるということになります。

対円は○○銭とニュースでも言われるため、pipsの計算がしやすいですが、対ユーロ、対ポンドは桁数が少し多いため、若干

計算しずらいかもしれません。

いずれにしても、pips表示がされなくても、計算することは可能ということです。

スマホで日本時間の表示方法はあるか?の解説は以上です。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる