MT4(スマホアプリ版)での新規指値注文・逆指値注文の方法を解説

注文にはいくつか種類があります。

使い分けて注文を行いましょう。

今回は新規指値注文・逆指値注文の方法について解説します。

目次

注文画面への移動方法

チャート画面の上部右の「トレード」をタップします。

通貨ペア下の「成行注文」をタップします。

デフォルトでは「成行注文」となっていますので、指値・逆指値での注文を行う場合には変更します。

4つの注文が表示されます。

buy limit(買い・指値)・・・下落した時に買いたい場合

sell limit(売り・指値)・・・上昇した時に売りたい場合

buy stop(買い・逆指値)・・・上昇した時に買いたい場合

sell stop(売り・逆指値)・・・下落したと時に売りたい場合

指値注文の方法

buy limit(指値買い)をタップします。

価格の欄をタップすると下に数字が表示されます。

下がったところで買うのが指値買いのため、1.18742よりも下の価格を打ち込みましょう。

発注ができる場合は周りが青色になっています。

sell limit(指値売り)をタップします。

価格の欄をタップすると下に数字が表示されます。

上がったところを売るのが指値売りのため、1.18760より上の価格を打ち込みましょう。

発注ができる場合は周りが青色になっています。

buy stop(逆指値買い)をタップします。

価格の欄をタップすると下に数字が表示されます。

上がったところを買うの逆指値買いのため、1.18760より上の価格を打ち込みましょう。

発注ができる場合は周りが青色になっています。

sell stop(逆指値売り)をタップします。

価格の欄をタップすると下に数字が表示されます。

下げたところを売るのが逆指値売りのため、1.18742より上の価格を打ち込みましょう。

発注ができる場合は周りが青色になっています。

新規指値注文・逆指値注文の方法についての解説は以上になります。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる