PC版MT4をMacで使う方法

MT4(メタトレーダー4)は世界中のFXトレーダーに愛用されている有名なチャートツールです。

そんなMT4(メタトレーダー4)ですが、通常はPCにインストールして使う場合、Windows版のみとなっています。

そのため、Macしか持っていないと言うユーザーの方は、そのままではMT4は使用できません。

そこで、MT4をMacで利用する方法をご紹介していきます!

目次

MacでMT4を使うには?

それでは早速、MacでMT4を使う方法として、代表的な3つの方法をご紹介します。

  1. Macに標準装備されている【Bootcamp】を使う
    WindowsのOSを購入する必要がある。
    快適に使うためには高いスペックのPCが必要なので注意。
  2. 仮想化ソフトを使ってMacにWindowsをインストールする
    WindowsのOSと仮想化ソフトを購入する必要がある。
    WindowsとMacをシームレスに使うことができ、安定性と利便性抜群。
    快適に使うためには高いスペックのPCが必要なので注意。
  3. VPS/デスクトップクラウドを使う
    月々のランニングコストがかかるが、スマホやタブレット、他のPCからでもMT4が使えるのがメリット。
    PCのスペックが低くても問題ない。

それでは、1つずつ詳しく見ていきましょう!

Macに標準装備されている【Bootcamp】を使う

「Boot Camp」はAppleが提供しているソフトウェアで、これを使ってMac環境でWindowsを使用することができます。

そのWindowsを使ってMT4を起動します。

ただ、Boot Campを使用する場合は、mac OSとWindowsの切替が必要になり、Macを再起動させなければなりません。

Windows OSの購入も必要になります。

また、1台のPCに2つのOSを入れるので、PCのメモリやストレージなどのスペックにも注意が必要です。

詳しくは、Appleの公式サイトをご確認ください。

Apple「Boot Camp」公式ページ

仮想化ソフトを使ってMacにWindowsをインストールする

「Parallels Desktop for Mac」などの仮想化ソフトにより、WindowsをMacにインストールする方法です。

Boot CampのようにMacを再起動する必要がなく、MacとWindowsの両方をシームレスに利用できます。

仮想化ソフトとWindows OSの購入費用が必要となりますが、扱いやすさや安定性を重視される方にはこちらの方法がおすすめ。

ただ、こちらもBootcamp同様、2つのOSを1つのPCで動かすので、あまり低いスペックのPCだと、動きが遅かったりソフトがうまく起動しなかったりするので、注意が必要です。

「Parallels Desktop for Mac」のサイトで必要なPCスペックを確認してから導入を検討してみてください!

Parallels Desktop for Mac 公式ページ

VPS/デスクトップクラウドを使う

Virtual Private Server/仮想専用サーバーを利用すればネットワーク上でWindows環境のパソコンを使うことができます。

VPSの利用で広く知られているのがEA(自動売買ツール)との組み合わせです。

EA(自動売買ツール)を稼働する際、自宅のPCを24時間休みなく起動していなければなりませんが、VPSを使えば、PCを起動していなくても、仮想サーバー上でEA(自動売買ツール)を稼働させられるのが最大のメリットとなっています。

WindowsをVPS上で動かすので、MacからMT4を利用する際にも活用できます。

インターネットが繋がるPCさえあれば、PCのスペックは関係なく快適にWindowsでMT4が利用できます。

仮想専用サーバーの利用料が発生しますが、通常は1000円〜2000円/月ほどですし、あらためてWindows OSを購入する必要はありません。

\梨乃おすすめのVPSプロバイダーはこちら!/

まとめ

今回は、MacでMT4を使う方法をご紹介してきました。

MT4に限らず、FXに関するソフトは、まだまだWindows対応だけのものが多く、Macユーザーには悲しい現実ですね・・・

でも今回ご紹介した方法を使えば、簡単にMacもWindowsも両方使えるようになりますので、ぜひ、試してみてください☆

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる