FXの証拠金とは一体何?レバレッジとの関係性についても解説

FXでよく見る証拠金とは一体どういう意味なのでしょうか。

また、証拠金が多いほど取引に良いのかどうか、気になりますよね。

この記事では、証拠金の意味と、レバレッジとの関係性について解説していきます。

目次

証拠金とは一体なに?

FXでは通貨同士を売買して取引しますよね。

しかし、持ち金0円で始めることはできず、取引には担保である資金が必要です

その資金のことを、FXでは証拠金と呼びます。

出典元:https://www.rakuten-sec.co.jp/web/fx/beginner/fx_deposit.html

取引で必要となる証拠金は、取り扱う通貨の為替レート水準で変わってきます

最低証拠金の額FX会社によって異なりますが、安いところでは4円からと、他の投資方法と比べてもかなり少額で始めることができます。

しかし、安ければいいというものでもなく、資金が多ければリスクを避けた取引が可能です

また、多めの資金を持っておくと、ロスカットの値の幅ができ、余裕を持った取引ができるようになります。

証拠金取引とは

FXのような証拠金で取引を行う投資方法は、株式のように都度売買で代金を払うものとは違っています

証拠金取引とは、決済の時に売買の結果発生した差額の損益のみを受け渡す方法です。

そのため、実際の取引の金額が全て必要となるわけではありません。

しかし、損失が出た時に決済できるよう、取引額に応じた証拠金を預ける必要があります。

出典元:https://info.monex.co.jp/beginner/deposit.html

余剰証拠金とは

証拠金は全て取引に使う必要はありません。

必要な証拠金以外の余った証拠金のことを、余剰証拠金と呼びます。

取引後に相場が動いて差益が出た場合、利益は余剰証拠金になります。

逆に、相場が動いて差損が出ると、損失額は余剰証拠金から控除されることになります

証拠金規制

実際に通貨を購入していく場面で、どのくらいの証拠金が必要なのでしょうか。

実は、世界を騒がせたサブプライムローン問題で起きた金融危機から教訓を得て、証拠金規制という制度が導入されました。

証拠金規制とは、総取引額から計算して4%を超える証拠金を預けることを義務化したものです。

取引の際には最低でも、取引額の4%は証拠金として用意しておかなければいけません。

レバレッジ効果とは

先ほど、証拠金についてお話しましたが、実際証拠金はいくら必要なのでしょうか。

FXで取引を始めた際には、証拠金の何倍の取引を行うか自由に決めることができます

この、証拠金の何倍をかけれる仕組みをレバレッジといいます。

レバレッジ

レバレッジの語源てこの原理からきています。

てこのように、小さい力で大きなものを動かすことから、レバレッジと名付けられました。

少ない資金で利益が獲得できるので、効率のよい投資方法です。

何倍のレバレッジにするかは、1倍から最高で25倍まで選べます。

以前はレバレッジ数百倍まで選べたのですが、法律が変わり25倍が上限となりました。

例えば、1万円の証拠金があれば、さいだい25万円の取引が行えるということですね。

こうした少ない資金しかなくても大きな金額を扱った取引ができることレバレッジ効果といいます。

出典元:https://info.monex.co.jp/beginner/deposit.html

証拠金とレバレッジ効果の関係性

このように、証拠金の額とレバレッジを何倍にするかによって、取引の額が変わってくることが分かりました。

資金があまりなくても、FXは手持ち以上の額で取引ができます。

出典元:https://www.jibunbank.co.jp/guidance/fx/debut/leverage/

しかし、レバレッジ25倍で取引を行うのは、かなりリスクがあります

高レバレッジのリスク

高いレバレッジの取引は、勝った時は嬉しいですが、もし損失が出た場合も25倍の損失が発生します。

利益も倍ですが、損失も倍になってしまいます。

このように、高いレバレッジの取引はハイリスク、ハイリターンです。

利益欲しさに無茶をしてしまうと、巨額の損失を出して市場から一発退場、ということにもなりかねません。

特に初心者は、まず低いレバレッジから始めることをオススメします。

初心者は低レバレッジがオススメ

初心者の目安としては、10倍までのレバレッジが一般的です。

たくさんの利益は出ないかもしれませんが、大損も避けることができます。

経験を積んで、徐々にレバレッジを上げていきましょう。

FXはスワップポイントが毎日もらえるので、小さく利益を貯めていけますよ。

証拠金とレバレッジのバランスを取ろう

初心者には低いレバレッジの取引が良いということは分かりました。

しかし、レバレッジを下げて取引を行うには、その分の証拠金が多く必要ですよね。

このように、証拠金とレバレッジは深い関係性があります。

一番リスクが少ないのは証拠金が多く、レバレッジが低い取引だな。

でも、その分リターンも低いから、多く利益を出すにはレバレッジが高い取引がいいな。

自分のスキル、資金、そして、市場の状況から、最適な証拠金とレバレッジを考える必要があります。

投資をする上では、証拠金とレバレッジのバランス感覚を養うことは大切です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

FXの証拠金とレバレッジは切っても切れない関係だということが分かりましたね。

どちらが少なすぎても、多すぎてもうまく利益を出すことは出来ません。

証拠金とレバレッジのバランスを取った投資を目指してくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる