FXのpips(ピップス)とは何?計算方法と数え方について解説

FXを始めたてで、「あと10pipsで利確」なんて言われて困ったことありませんか?

「あと100円儲かったら売ります!」と言ってくれればわかるのに・・・という気持ち分かります。

そんな方へ向けて、この記事ではpipsの意味についてまとめました。

FX初心者向けに書いたのでスラッと読めますよ。

2年前にFXを始めた梨乃(りの) が、初心者目線でお伝えします。

目次

pipsとはFXで使用している単位

pipsとはFXで使用している単位のことです。

読み方は「ピップス」と読みます。人によっては「ピプス」と発音していますが、一般的には「ピップス」と発音するようです。

pipsは取引している通貨の最小単位を意味します。

1pipsは、ドル円なら0.01円、ユーロドルなら0.0001ドルを意味します。

pipsは英語でpercentage in pointの略になります。

直訳すると通貨の最小単位の1%という意味ですが、意味をイメージするのが難しいですよね?

大丈夫です。具体的に見ると理解しやすいので説明しますね。

pipsの使い方として

「ドル円のチャートが10pips上に動いた」

などと表現します。

1pipsは 0.01円を意味しています。

そのため、0.1円値段が動いたという意味になります。

「ドル円が上に行く」とは、円の価値が下がったことを意味します。

FX取引アプリの画面で見ると、上方向に行くほど、グラフの縦軸である円の数字が上がっていることが確認できると思います。

なので、最初が100円から開始したと仮定すると、

1ドルの価値が0.1円上がり、「100円+0.1円=100.1円になった」という意味になります。

なぜそんな表現するのかって思いますよね?

FXで扱っている通貨はドル円だけじゃないからです。

次は、pipsの計算の仕方を詳しく説明していきますね。

pipsの計算方法

pipsの計算方法は円が絡んでくる「クロス円」の場合と、それ以外の通貨の場合で異なります。

クロス円とは例えば「ドル円」「ユーロ円」「豪ドル円」のように円が対象になっている通貨を指します。

それ以外とは、それ以外の全ての通貨を指します。

実際に計算してみましょう。

クロス円の場合

クロス円では0.01円の値動きを1pipsと表現します。

そのためもし、1円値が動いたとすると、何pipsになるでしょうか?

0.01円=1pips

なので、0.01円が1円になるとき、0.01の100倍なので、1pipsも100倍します。

結果は、

1.00円=100pips

となります。

これは簡単ですね。

それ以外の場合

それ以外の場合は、通貨が各々の通貨単位になります。

クロス円の場合は、0.01円でしたが、それ以外の場合は

1pips=0.0001各通貨単位

となります。

ここが少しややこしい所ですね。

ユーロドルで例えると

0.0001ドル=1pips

なので、0.01ドル値動きがあったとすると、それは0.0001ドルの100倍のため

0.0100ドル=100pips

値が動いたと表現できます。

pipsを使う理由は同じ基準で理解できるから

pipsを使う理由は、色々な場面で、同じ基準で理解できるからです。

色々な場面というのは、Aさんはドル円での取引、Bさんはポンド円、Cさんはゴールドドルでの取引など、扱っている通貨が様々であるという意味です。

例えば、極端な話ですが「100円儲かった」と、「100ジンバブエドル儲かった」というのでは、価値が計りづらいのと同様に、

100円の値が動いたというのを、他の通貨と比べて話すと比較しづらいのです。

ちなみに、ジンバブエドルは既に使用されてない通貨ですが、100兆ジンバブエドルは0.3円ほどの価値しかない時代があったそうです。

これでは100兆ジンバブエドル儲かったと言われても実際は全く儲けていないという意味になり、話していて混乱してしまいますね。

pipsは3つの場面で役に立つ

実際には、次のような場面で役に立ちます。もう少し詳しく見ていきましょう。

・他の通貨と比べる時に同じ基準で便利
・経済指標を読む時に便利
・損切りや利確目標を決める際にやりやすい

(1)他の通貨と比べる時に同じ基準で便利

他の通貨と比べて値動きを比較する時に便利です。

なぜなら、同じpipsという単位で会話できるからです。

例えば、「同じ100円儲かった」という表現をします。

ドル円をもっていたAさんは、

A「0.1円の値動きで100円儲かった!どうだBさん、オレの方がすごいだろ?

と言ってきました。

しかし、ユーロドルをもっていたBさんは、

B「0.0001ドルの値動きで100円儲かった!

と言い返しました。

100円儲かったのはわかりますが、これでは、AさんとBさんのどちらがすごいことを成し遂げたのかわかりません。

そこでpipsを使います。pipsを使うと、Aさんの表現は、

A「10pips値段が動いたら、100円儲かった!

になり、一方でBさんは

B「1pips値段が動いたら100円儲かった

となります。

pipsが大きければ、大きいほど激しく値段が動いていることを意味しますので、AさんにくらべBさんは、ほんの少しの値動きなのに100円も儲けている、

つまり、たくさん通貨を購入して勝負にでているということがわかるわけです。

逆にAさんは10pipsも動いているのに100円しか儲かっていない、つまり、小さく勝負しているということが分かります。

このように、同じ単位で会話ができると、違う通貨を使っていても、会話がしやすくなるわけです。

(2)経済指標を読む時に便利

他にも、FXに関連するニュースを読む時に便利です。

なぜなら、FX関連サイトでは値動きの情報はpipsで記載されているからです。

例えば、経済指標と呼ばれる世界のイベントがあります。

アメリカの雇用統計などが有名で、「ある期間に失業者が何人でた」などの情報が発表されています。

通常、その発表を聞いてFXトレーダーは売買を行うので、経済指標の発表後に値段が大きく動きます

そこで、過去の発表時にどのくらい動いたのかをトレードの参考に見るのですが、

「前回は50pips動きました」

と、このように記載があるわけです。

出展元:みんかぶFX経済指標カレンダー

なので、pipsを理解できていないと、重要な情報が仕入れられなくなります

(3)損切りや利確目標を決める際にやりやすい

トレード中の利益確定ラインや損切り目標を決めるのに便利です。

「○○円チャートが下がったら損切りする!」と言いたい時に、どの通貨ペアを扱っていても、同じ表現ができます。

例えば、1000通貨買ってる人が100円の利益を得る場合と、100通貨買っている人で100円の利益が出る場合では、必要な値動きが10倍違います。

1000通貨所持している人は0.1円値が動けば100円の利益になるとすると、100通貨所持している人は1円値が動かないと100円の利益にはなりません。

しかし、「10pips動いたら利確する」という表現ですと、どのぐらい値動きがあるかで決めているので、1000通貨の人も100通貨の人も値動きを元にした考え方で注文を入れられます

1000通貨とは、対象通貨を1000通貨購入しているという意味になります。例えば、

・ドル円を1通貨購入したと表現した場合、1ドル購入したのと同じこと
・ドル円を1000通貨購入したと表現した場合は、1000ドル購入したのと同じこと

になります。

証券会社や口座の種類によりますが、多くの場合は最低でも1000通貨から購入できるのが一般的です。

pipsを見る上での注意点:もう一桁表示がある

pipsの考え方を知る上で、気をつけたい注意点があります。

pipsは取引できる最小単位を表しますが、実際にチャート画面上にはもう一桁小さい桁が表示されます

トレード用アプリを見ると、一桁多いのがわかります。

例えば、上記のトレード用アプリの画面では105.610円が表示されています。

最小単位である1pipsは、0.01円なのに、ここでは0.001円(0.1pips)まで表示されています。

最小単位なのに最小じゃないの?と思いますよね?

これは昔、クロス円の場合、桁数を下2桁まで表示しており、当時は最小だったそうですが、最近のFX業者は下3桁まで表示するようになったことで食い違いが生じたそうです。

まとめ

このようにpipsはFXで使用する値動きの単位になります。

・クロス円では0.01円=1pips
・それ以外では0.0001通貨単位=1pips

で数えられます。

pipsが用いられている理由として

・統一した単位で会話すると便利である
・実際に世間ではpipsが使われていること
・様々な通貨で単位を比較する時に便利である

ことが挙げられます。

注意点としては、

・チャート上ではもう1桁表示されているので混乱しやすい

ことです。

これらに気をつけてFX情報を理解できるようになればFX初心者は卒業です!

あなたも私と一緒にFXで稼ぎませんか?

最後まで読んでいただきありがとうございました。

世の中にはたくさんの情報商材が存在しており、本当に稼げるものはありますが、そうでないもののほうが実は多い事を知っておきましょう。

  • ワンクリックで億万長者!
  • スキマ時間で数十万円!
  • 1時間で数万円!

と言ったキャッチコピーに踊らされないようにしましょう!

ですが、もしあなたが本気で稼ぎたいのであれば、私が年に数回しか募集していないクローズドの企画がおすすめです!

この企画は少額の資金からFXのトレードを始めることができます。

私が使用している自動売買ツール(EA)は月利10〜20%と安定的に収益を生み出すことが可能です。

2020年に世界中を混乱の渦へを巻き込んだコロナ相場でも月間トータルで負けることなく、勝ち続けることできた唯一無二の自動売買ツールになります。

本当に負けなかったのかよ!?という声もあると思うので、実際の取引画面をご覧ください。

▼梨乃が使っているEA企画に無料で参加してみる▼

2020年3月のトレード実績:169ドル(約17,849円)

2020年4月のトレード実績:309ドル(約32,636円)

2020年5月のトレード実績:134ドル(約14,153円)

このようにコロナ相場でも一切負けることなくただ、自動売買ツールを設置して放置さえしておけば、自動で毎月お金が入ってくる仕組みが作れるEAを今なら先着10名に無料で配布しています。

また、私自身元手をちょっと多めにして最近では毎月50万円近く自動売買ツールに任せっきりで稼いでいます☆

2020年9月のトレード実績:4492ドル(約474,436円)

10名限定で私が使っているこのEAを無料で配布中なのでぜひ、お気軽にご連絡ください☆

▼梨乃が使っているEA企画に無料で参加してみる▼

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる