FXのレバレッジとは何?メリットやリスクについて解説

もう少しFXの資金が欲しい。

FXもっと大きく稼いでみたい。

FXには、少ない資金で大きな取引をすることができる、「レバレッジ」という独特の仕組みがあります。

レバレッジはFXの最大の特徴とも言われています。

以下、ここでは

  • FXのレバレッジとは何
  • どうやって使えばいいの
  • レバレッジのメリット・デメリット

などを詳しく解説いたします。

目次

FXのレバレッジとは

レバレッジとはテコの原理を現わす言葉です。

テコの原理とは、小さい力で大きな物を動かすことが出来る、小さい力で大きな物を持ち上げることができる、そのテコです。

FXの場合レバレッジがあるから、少ない資金で大きな取引をすることが可能になります。

例えば、今手元に100万円の資金があった場合、レバレッジが無い(レバレッジ1倍)なら100万円の取引しかできません。

これが、レバレッジ5倍になれば500万円の取引が可能になります。

 

出典:https://www.monexfx.co.jp/beginner/leverage/

レバレッジはどうやって決まるのか

レバレッジは日本国内のFX会社で取引をする場合に限り、最大25倍までと決められています。(法律で規制されている)

では、誰もがレバレッジ25倍までの取引が出来るのかといいますと、そうでもありません。

どこまでレバレッジをかけることができるのかその決め方とは。

コースにより、選択をする

FX会社によっては口座がコース制になっていて利用出来るレバレッジの倍率に上限が決まっているところもあります。

例えばFXブロードネットの場合

  • ブロードコース1
  • ブロードコース20
  • ブロードコース25

の様に選ぶことができ、それぞれのレバレッジは

  • 1倍
  • 1倍~20倍
  • 1倍~25倍

となっています。

金額により決まる

FX会社によっては、レバレッジは決まっておらず、例えばマネーパートナーズというFX会社では口座に預け入れている資金額と、取引をしたい通貨のレートと数量で、レバレッジがきまります。

マネーパートナーズのレバレッジの計算例

レート80円の米ドルを購入

取引数量は10,000

口座に預け入れている資金は100,000円

この場合レバレッジは

(80×10,000)÷100,000=8

で8倍となります。

レバレッジと必要資金(証拠金)

FXの取引には資金(証拠金)が必要で、その金額はレバレッジにより変わってきます

米ドルのレートが125円とき、1000通貨の取引をしたい場合、最低どれくらいの資金があれば取引ができるのか例を見てみましょう。

 

出典:https://www.fxprime.com/firstfx/leverage/

レバレッジのメリット

レバレッジの最大のメリットは、少ない資金で大きな取引ができることではないでしょうか。

大きな取引をすることが出来るということは、大きな利益の獲得も狙える可能性があるということです。

レバレッジのリスク

FXのレバレッジを利かせれば少ない資金で大きな取引ができます。大きな取引が出来ると言うことはそれだけ得られる利益も大きくなります。

でも、考えてみてください、利益が大きくなるということは、同じように損失も大きくなるということです。

大きな利益を生むということは、大きな損失を抱え込むことでもあります。

おおきなレバレッジで取引をしていると、ポジションを持った瞬間から利益や損失が発生します。(これを含み利益・含み損失といいます)

含み損失が大きくなると、追加の資金を求められたり、場合によっては強制的にポジションの決済が実行されてしまうこともあります。

国内FX業者と海外FX業者、レバレッジの違い

国内のFX会社で取引をする場合、レバレッジは最大25倍までと上限が決まっています。

その一方、海外のFX会社は日本国内の規制がおよびません。

そのため、海外のFX会社での取引時のレバレッジは基本制限がありません

中には880倍、1000倍と大きなレバレッジを掛けることのできるFX会社も存在します。

海外FX会社レバレッジの例

FX会社名レバレッジ
XMtrading 888倍
FBS3000倍
TitanFX   500倍
AXIORY400倍
iFOREX400倍

まとめ

少ない資金で大きな取引を可能にするレバレッジ

FXでトレードをする者にとっては、ありがたいシステムです。

少ない資金で大きな取引することができるので、それだけ多くの利益を得ることが可能となります。

その一方、大きな利益を得られるということは、同時に同じだけの損失を生む可能性もあるということです。

FXのレバレッジは、架空のお金で取引をしていること、認識してください。

架空のお金で取引をしていても損失がでれば、それをなんとか解消しないといけません。

レバレッジをつかわず、手元にある資金だけで取引をしていれば、例え損失が出ても資金が0になるだけです。

レバレッジを使い架空の資金で取引をしていると、時には手元の資金を失うだけでなく、最悪あなたの全資産を失う事態になりかねません。

FXのレバレッジ、初めのうちはレバレッジを低く抑えるなど自分にあった取引をしてください。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる